チーズケーキ・ニルバーナ
私たちの味づくりへのこだわり。
その原点は40年間愛されている伝統の味、チーズケーキ日瑠華(ニルバーナ)に始まります。
本場デンマーク産の最高級クリームチーズをはじめ最高の素材をふんだんに使い、
小麦粉を使用せず、手間と時間をかけて仕上げた逸品。
しっとり焼き上げたケーキの表面を、きめ細やかな特製サワークリームを上掛けしています。
新鮮なレモンが香るチーズケーキは、チーズのコクと、サワークリームのさわやかな酸味が
絶妙のハーモニーを奏でます。
小麦粉を一切使わない贅沢なチーズケーキ チーズケーキ・ニルバーナ
しっとりなめらかな舌触り、口いっぱいに広がる濃厚なチーズのコク。チーズケーキ「日瑠華(ニルバーナ)」は、明治の館の逸品です。
仏教用語で"最も優れたもの"を意味する"ニルバーナ"を漢字で「日瑠華」と書くこの名称は、「日に輝く瑠璃の華の如し」の想いを込めて、日光山輪王寺門跡 柴田昌源深題大僧正が付けてくださいました。
素材・レシピもシンプル。しかしそこに隠されたこだわり、そして愛情は一口お召し上がりいただければきっと感じていただけるはず。
誕生以来、愛され続けるニルバーナを通販で全国の皆様にも。
チーズケーキ・ニルバーナ
素材
<美味しさの秘密その1> シンプルだけどこだわりの素材。
材料は小麦粉を一切使わず、クリームチーズ・卵・砂糖だけと、いたってシンプルです。だからこそ厳選した素材を誕生以来40年間変えずに使い続けています。味の決め手となるクリームチーズは酪農王国デンマークの中でも厳しい基準をクリアした最高級品。コクがあり濃厚なミルクを感じるクリームチーズの風味を活かすため、一般的なチーズケーキよりもふんだんに、数倍の量を使用しています。
生地
<美味しさの秘密その2> パティシエの勘と技で混ぜる。
チーズを柔らかくし、砂糖や卵を混ぜる行程は、一見簡単そうに思えますが、熟練したパティシエにしか任せられない大事な作業です。チーズが柔らかすぎると砂糖が合わさり過ぎ、焼いた時に膨らまず、しっとり感も失われてしまいます。季節や温度、湿度を見極め、ベストな柔らかさで砂糖と卵を加える。パティシエの勘と技が作り上げた生地なのです。
チーズケーキ・ニルバーナ
チーズケーキ・ニルバーナ
チーズケーキ・ニルバーナ
焼き
<美味しさの秘密その3> じっくりじっくり低温で。
ケーキを焼く温度といえば高温のイメージがありますよね?ニルバーナは低温でじっくりじっくり時間をかけて焼き上げます。それは卵をたっぷり使用し、小麦粉もバターも一切使っていないから。高温で焼いてしまうと、ふんわり焼けたように見えてもすぐに萎んでしまうのです。ニルバーナのしっとり、ふんわりは丹念に時間をかけて焼き上げた結晶なのです。
仕上げ
<美味しさの秘密その4> レモンの酸味で絶妙なバランス。
焼き上がりをすぐにお召し上がりいただきません。二晩ほど寝かせると、生地が落ち着き、さらにしっとり、風味もまろやかになるからです。
仕上げに新鮮なレモンで作った特製サワークリームを上掛けします。サワークリームの酸味が絶妙なバランスとなって、チーズケーキの味をさらに引き立てます。
さあ、これでいよいよ完成!皆さんのお口へ運ばれます。
チーズケーキ・ニルバーナ
ご購入はこちらから

チーズケーキ日瑠華(ニルバーナ)

おすすめ順  |  価格順  |  新着順
  • 前のページ
  • 2商品中 1-2商品
  • 次のページ

ギフトセット